バストアップのための筋トレ

 

気温が上がり薄着になる機会が増えてくると、バストの大きさが目立ってしまい悩むという女性が多くいます。バストの小ささが気になってしまい、海やプールを楽しめないという女性も少なくありません。

 

小さなバストをケアするにはパットを利用したり、美容形成などを利用しなければ無理だと考えてしまいがちですが、日常生活に筋肉トレーニングを加えるだけでバストアップ効果を期待することができます。

 

バストアップに筋トレが効果的な理由として、バストを構成する構造が関連してきます。女性の胸は約90%が脂肪で、残りの10%が乳腺だと言われています。その胸を支える土台となっているのが大胸筋です。

 

この大胸筋を意識して鍛えることで、胸まわりの筋肉を厚くすることができ、バストアップが可能になります。また、バストの筋トレを行うことで胸のたるみをケアし、魅力的なバストに整えることも期待できます。

 

バストアップの筋トレで、手軽におこなうことができるものの代表といえば、腕立て伏せです。腕立て伏せは胸の下側の筋肉を鍛えるのに効果的な運動になります。

 

正しいやり方は、まずはヒザをついて床に座り、両手を肩幅より広めにとって床につけます。そのままの体勢で胸を張り、腕をゆっくりと曲げていきましょう。
この時、息を吐きながら腕を曲げ、息を吸いながら腕を伸ばしていくように意識します。

 

この腕立て伏せはヒザを床につけながら行うので、誰もが簡単に挑戦しやすいのが魅力的な筋トレになります。さらに効果を高めるには、両手を前後にずらしながら行うのがおすすめです。
両手を肩幅に広げたら、右手を手のひら1つ分前へ、反対に左手を手のひら1つ分後ろにずらして腕をまげていきます。

 

こうするだけで、胸の上部と下部の筋肉を同時に鍛えることができるのでバストアップ効果を高めることができます。合掌ポーズの筋肉トレーニングは、手のひらを胸の前で合掌するようにあわせ、両手を押し付けるだけなので、どこでも手軽におこなえるのでおすすめです。